このコンテンツは視聴出来ません。

セットの視聴条件をご確認下さい。

未来講義 Vol.13 教育産業 2/2

0
「未来講義」は「今」の先端の動きから未来を予測するお話です。
 
今回の「未来講義」のテーマは「教育産業」です。
そして思いっきり時間をとって「教育産業」を扱うのには理由があります。
 
今後「オンライン教育」が大きな意味をもつからです。
・オンライン教育が、社員教育に影響。  
・オンライン教育が、採用に影響。  
・オンライン教育が、雇用契約を変える。  
・オンライン教育が、マーケ手段になる。

 
だから、すべての会社に関係が深い。  
故に未来講義に特化してお届けします。
コロナ禍の生活にうんざりしつつも、  
同時に自粛した生活が日常にもなってきました。
 
ワクチン接種もはじまり、ポストコロナ時代について様々に語られています。
1年余りの自粛期間は壮大な社会実験期間でもあり、人々の習慣を確かに変えた部分があるのです。
今後ゆるやかに移行すると思われていた教育ビジネスに大きな変革が訪れています。
 
それはオンライン教育の波です。
オンライン教育が一気に浸透しそうな勢いです。教育が変われば、ビジネスのあり方も変わります。
 
社会にでるまで小中高大と長い期間を経て人は教育を受けるわけですから、教育のあり方が変われば、社会人の考え方も変わるわけです。
本動画では次のようなお話をいたします。
 
1 学習塾はなくなる。  
2 オンライン講座が趣味の領域に広がる。  
3 資格のオンライン講座は早いもの競争。  
4 ゲーム感覚講座と社員教育にギャップがでる。  
5 オンライ講座と従業員確保が連携する。

 
変革の証拠となるデータや、  
事例をまじえてお話をします。
 
多くの産業にとってオンライン教育がきわめて大事になることがご理解頂けるかと思います。
 
皆様にとって新しい事業づくりのヒントになるかもしれません。  


↓↓ 本動画でご紹介したGoogleClassroomのサンプルはこちら ↓↓
https://classroom.google.com/c/Mjc1NTE0MDQzMTc1?cjc=maegi5g

この動画が含まれるセット

未来講義シリーズ 全18本一覧へ 

未来講義 Vol.13 教育産業 全2本一覧へ 

ログインするとコメントをすることができます

関連動画 一覧へ